肩の痛みには段階があるんですよ

加齢に伴う肩の痛み・・

日常生活で腕を使わないことなんてありませんから、「肩が痛い」「肩が上がらない」などの症状があったら不快ですよね。

特に怪我をしたわけでもなし、使いすぎたわけでもない。

何故かある日突然、痛くなって、日に日に痛みが増してきている人もいらっしゃるのではないでしょうか?

本日は加齢に伴う肩の痛み「肩関節周囲炎」についてお話したいと思います。

こんにちは、からだ均整サロン「はは猫のハムストリングス」
セラピストのミヨです。

加齢による肩関節周囲炎について

まず、肩の痛みを感じたら自己判断はしないで医療機関で診察、検査(レントゲン)をしてもらってください。肩の痛みの原因には 外傷、炎症、腫瘍によるもの、さらに頸椎の疾患や神経性の疾患など様々あります。四十肩、五十肩(肩関節周囲炎)などと自己判断は禁物です。

特に四十肩、五十肩(肩関節周囲炎)と勘違いしがちなのは、肩腱板断裂です。
肩甲骨と上腕骨をつなぐ筋肉の腱が損傷している状態です。
損傷している状態で無理に動かしていると、さらに悪化してしまうので注意してください。

ある日突然!四十肩、五十肩「肩関節周囲炎」

肩関節周囲炎の原因
加齢により肩関節を構成する筋肉、腱、靭帯などの組織が硬くなり炎症を起こし、痛みが生じます。
その為、肩関節を動かしにくくなり肩回りの血行不良、組織の癒着が起こり、さらに痛みが増してきます。

肩関節周囲炎の症状
〇腕を持ち上げる動作や後方や外側に回す動作の時に痛みが走る
(洋服を着る時、洗濯物を干すとき、歯を磨く時など)
〇夜間痛(寝ている時も痛む)

痛みの段階

肩の痛みを訴えてこられたお客様には「どの部分が痛いですか?」と痛みの状態をお聞きします。なぜなら痛みの状態によって施術方法も変わってくるからです。

肩の痛みには段階があります。

炎症期
肩全体がとにかく痛い
痛みは体の異常を知らせる警告反応です
発熱、熱感、腫れ、疼痛、機能障害など症状を起こしますが、体の中では肩の炎症を修復しようとしている段階です。特に痛みや動きの制限は体からの「安静」を指示するサインと思ってください。

回復期
ここが痛いと具体的に言える
炎症を修復する作業が終わりを迎える時期です。この回復期に無理をしてしまうと炎症期に逆戻りしかねないので、痛みをみながら徐々に肩を動かせるように施術を行っていきます。

炎症完全沈静期
どの方向に動かしても痛くない、しかし動きの制限を感じる場合がある
積極的に動かす時期です。炎症期は動きが制限されるので、肩関節部分の組織が固まって動きが悪くなっていることもあります。マッサージやストレッチなどをして血流を良くし、動かせる範囲を広げましょう。

炎症期は痛みを我慢して無理に動かすことは控えましょう。炎症期を長引かせることとなります。また痛みが強い時は痛み止めの薬や湿布を処方してもらい乗り切りましょう。

私たちセラピストも炎症期と思われる お客様には痛いところは触らず、肩に負担がかからないように姿勢矯正をしたり、骨盤を整えたり、前腕のコリなどにアプローチします。また痛みは体にストレスをかけ疲労させるので、全身の筋肉の緊張を緩める施術を行います。
そして、回復期になれば徐々に痛みを見ながら肩へアプローチしていきます。

痛みは日常生活の動作に影響を及ぼします。何とか痛みを治めようと奔走しがちですが、炎症を起こしている時は体の中で修復をしている時なので無理をせず痛みが治まってくるのを待ちましょう。そして段階を踏んだ適切な治療をしましょう。

それが早期回復への第一歩です。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。