体の痛み 急性痛と慢性痛

「痛み」「疼痛」には種類があります。

「急性の痛み」か「慢性の痛み」です。

痛みの表現は人により様々です。
ズキズキ・ガンガン・ビリビリ・シクシクなど・・

また、痛む状況も様々です。
痛む部位を動かしたとき・じっとしている時も痛い・痛くて眠れない・しびれている感覚もある・・など

本日は「急性の痛み」と「慢性の痛み」の違いをお話しします。

こんにちは、からだ均整サロン「はは猫のハムストリングス」
セラピストのミヨです。

痛みは、大切な体への危険アラームです

急性の痛み

急性の痛みは、ケガ(切り傷、打撲、捻挫、骨折、やけど)など組織が損傷し、炎症を起こしている場合です。
手術後の痛みやがんによる痛み(腫瘍が骨や臓器に広がる時)も同じです。

まずは炎症を取ることが大事となります。

急性の痛みは組織がどのように損傷をしているか知る必要があります。
自己判断をせずに医療機関にてレントゲン、MRIなどで、適切な診断をしていただくことが痛みを治す第一歩です。

現在痛みを抱えている人は「我慢せずに、痛みを感じた時に受診していれば良かった」という意見が多数あります。

「忙しいから」「この程度なら我慢できる」では、痛みが慢性痛に移行してしまう場合や内臓疾患が原因の痛みもあるので、急性の痛みの時にしっかりと対処しておきましょう!

慢性の痛み

急性期の痛みの時に必要だった時間を超えて、持続する痛みを慢性痛といいます。
3ケ月以上続く痛みや、定期的に痛くなる(疲労が溜まったり、ホルモンバランスが崩れたり・・など)ものは慢性痛でしょう。

あなたのその痛みは急性の痛みですか?慢性の痛みですか?

最近、痛みだした、痛みが激しくなってきた、じっとしていても痛いは必ず医療機関へ

(ケガをすれば受診する人は多いですが)
体で痛い部分があれば、迷うことなく医療機関へ受診することをお勧めします。

腰痛であれ、肩であれ、内臓であれ、信頼できる医療機関で早めの対処をしておけば治癒する確率が高くなります。

例えば、単なる腰痛と思っていても危険な腰痛の場合もあります。
内臓や血管の病気によるものや、腰椎の圧迫骨折による腰痛です。

この痛みとは長い付き合いです

3ケ月~数年に渡っての痛みは慢性痛です。

実は多くの方が抱えているのが慢性の痛みなんです。

腰痛・肩こり・手足の関節などの骨格系の痛みや神経痛などの神経疾患の痛み、リウマチなどの内科的疾患の痛み、線維筋痛症などの原因不明の痛みなど多種あります。

私も仙腸関節痛を抱えており、ここ何年かは痛みがなかったので治ったのかと思いきや、最近再発しております。痛い時は動きたくないですね、だけど動いていないと固まってしまって更に痛みが増してくるので、動くよう気を付けています。もう慢性化しております。

慢性の痛みの背景には、原因疾患だけでなく職場や生活の環境、行動様式なども反映しています。
なので、痛む頻度や痛みの表現、状況など人により様々です。

また、痛みは痛い本人しかわからないものであり、日常生活もままならない痛みがあっても理解者がいなければ、疎外感や精神的、社会的苦痛を感じたり、早く治そうという焦りなどのストレスから抑うつ症状も出てくることがあります。

慢性痛は痛みと付き合った時間が長いほど、完全に取り除くにも時間がかかります。
すぐに取り除くことは難しいかもしれませんが、痛みを理解し、管理することで痛みの軽減と生活の質の向上を目指してください。

医療機関で受診をしても原因が不明で適切な対応、治療をされてない方や、処方が消炎鎮痛薬のみの方は、ご相談ください。

徒手療法(人の手による筋肉や骨格にアプローチする療法、整体、マッサージなど)も改善の視野にいれていただくと、痛む部分の筋肉の収縮が緩み、血行が改善し、動かしやすくなり、あとはストレッチなど自己ケアで痛みを管理することも可能かもしれません。

「痛みのない生活」目指しましょう!

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。