梅雨の時期のつらい痛み、アロマと耳マッサージがオススメです!

6月も中旬、梅雨入りし、蒸し暑い日が続いております。

季節の変わり目は気圧の変化で体調不良に見舞われやすい時です。
特に梅雨の時期は低気圧の通過の日が多く、様々な「気象病」なる体調の変化を感じることと思います。

前回は「気象病」で、副交感神経に過剰に傾いている症状、片頭痛、アレルギー症状の悪化、ぜんそく、無気力、うつ症状などを軽減してくれるエッセンシャルオイル(精油)をご紹介しました。

ご興味のある方はこちらをご覧ください。
梅雨入り前に知っておこう!憂鬱な気分をリセットするアロマ

本日は、緊張型頭痛、肩こり、めまい、関節痛、持病の疼痛、古傷の疼痛など交感神経に過剰に傾いている症状の「気象病」の対策についてお話しします。

こんにちは、プライベートサロン「はは猫のハムストリングス」
セラピストのミヨです。

梅雨時の不快な痛みを少しでも軽減しよう!

体に「痛み」があると、辛いです。
特に、梅雨の時期の「気象病」からくる疼痛は、ジメジメとした気分に輪をかけて、憂鬱にさせます。

「気象病」は自律神経の乱れです。
季節の変わり目など気圧の低下、変化を耳の奥にある「内耳」で感受し、自律神経が乱れます。

全ての方に起こるのではなく、気圧の変化に敏感な方が起こります。

自律神経は「交感神経」と「副交感神経」の2つがあります。
交感神経・・・日中、活動的に動く、体を活性化させる神経
副交感神経・・夕方から夜、体をリラックスさせる神経
健康な人は2つの神経をバランス良く切り替えて生活をしています。

気象病は自律神経の切り替えが乱れることにより「交感神経が過剰に働いている」あるいは「副交感神経に過剰に働いている」状態が起こります。

気圧の変化による、痛みでお悩みの方は、「交感神経が過剰に傾いている」状態なのです。

副交感神経とのバランスをとるためには?

交感神経が過剰に働いている状態は、血流が悪くなり体も冷え、痛みを誘発します。

副交感神経を優位にして、自律神経のバランスを取りましょう。

エッセンシャルオイル(精油)でアプローチ

慢性の痛みを鎮痛、さらに体を温めて免疫効果のあるエッセンシャル(精油)をご紹介します。

ジンジャー・・体を温め、血行を改善する作用があります。

ジンジャーのおすすめブレンドは
ジンジャー&カルダモン&ラベンダーです。

ジンジャー:2 カルダモン:2 ラベンダー:1
カルダモンはジンジャーと同じ、体を温める作用があります。ラベンダーは炎症などを鎮める鎮痛作用があり、また心を落ち着かさせて安定させます。

マージョラム・・体の興奮状態を鎮めて調整する。筋肉のこりと痛み、関節炎の鎮痛に効果あり

マージョラムのおすすめブレンドは
マージョラム&ローズマリー&サンダルウッドです。

マージョラム:2 ローズマリー:2 サンダルウッド:1
ローズマリーも同様、体を温め血流改善を促すので筋肉のこりや、痛みに効果的です。サンダルウッドは神経系の興奮を冷ますので、緊張型頭痛、不眠症、神経性疲労に作用します。

耳のマッサージでアプローチ

耳を温めて、耳のマッサージをすると全身の血の巡りが良くなります。

耳には脳神経のひとつ「迷走神経」が支配しています。この迷走神経は主に副交感神経性繊維で内臓まで伸びています。
迷走神経を刺激することで、体が副交感神経優位となり、血流が良くなります。

また、耳介には自律神経の繊維が分布しています。
耳や耳たぶをマッサージすることで乱れた自律神経のバランスが整い、さらに血流もアップ!痛みの軽減につながります。

おすすめの耳の温め方
上でご紹介したエッセンシャル(精油)を使って湿布法で耳を温めましょう!

湿布(シップ)法
温湿布(おんしっぷ)・・慢性のトラブル改善に(毛細血管を広げ血のめぐりを良くする)

身体の部分にタオルを当て皮膚から効果を得る方法です
温湿布(おんしっぷ)には50℃程の熱湯を、洗面器に入れ目的に合ったエッセンシャルオイルを2~3滴落とします。

※お肌に刺激を与えるなどのトラブルを避けるため必ず3滴以下にしてください効果は十分ございますので・・・

洗面器の中へタオルを浸して絞り、気になる部位にやさしく押し当ててください。

耳のマッサージ
耳全体を良く揉みましょう。耳を上へ横へ下へ引っ張り、耳たぶを揉んだりを両耳1分間ほど。痛いところや硬いところは良く揉みほぐしてください。
※ゆっくりと優しく気持ちよく揉みましょう。

痛みの部位に合わせた運動をする

梅雨の時期は、だたでさえ動くのが億劫になるのに、痛みがある方は尚更、動くことに抵抗があるかと思います。
しかし、痛いからといって動かさなければ、筋肉や関節は固まってしまって血行が悪くなるだけです。
激しい痛みがなければ、ストレッチなどをして軽い運動をしましょう!

体を交感神経を鎮め、副交感神経優位するには「規則正しい」生活をして、体内リズムを整えることも大切です。

梅雨明けは、もう少しかかりそうです。

すこしでも痛みを軽減して生活のQOLを高めて、梅雨の時期も楽しく暮らしましょう!

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。