皮膚から心身を整えるという不思議

わたくしたち、セラピストはお客様のお身体に触れさせていただき施術させていただいております。お客様からは「身体が楽になりました」「リフレッシュ出来ました」とご感想を頂くのですが、実は、施術しているわたくしたちも「こちらも、とても充実した時間でした」とお礼を言いたくなるぐらい、癒されてます。それは皮膚に触れる、触れられることに秘密があるんです。

こんにちはプライベートサロン「はは猫のハムストリングス」
セラピストのミヨです。

人は生まれたときから、母親の手で授乳・おむつ替え、そして父親や祖父母、兄弟などを通して抱っこしてもらったり、優しくなでてもらったりと皮膚を触れ合いながら成長していきます。

触れることが心を落ち着かせることを無意識にも分かっているので、成長してからは自分で体の痛い部分をさすったりして痛みを軽減してみたり、気分の悪い人がいたら背中をさすってあげたり、緊張を取るために手もみしてみたり・・など、自然と手を通して、皮膚を通して、自分にも他者にも働きかけています。

看護の場でも触れるケアの大切さが注目されています。手で さする・撫でる・手を当てるなどの触れるケアを患者へ用いると、実際に疼痛の軽減や病気に対する心の不安、苦痛の緩和に働きかけ、患者の自然治癒力を高めることに通じているそうです。

皮膚と脳は つながりがないように思いますが、実はそのつながりは 深く受精卵の頃にさかのぼります。受精卵が誕生したくさんの細胞分裂を繰り返すと「胚」と呼ばれるものになり、さらに成長が進むと「外胚葉・中胚葉・内胚葉」に分かれます。皮膚(表皮)は脳と同じ外胚葉から発生しています。

そのことから考えると、手で さする・撫でる・手を当てるなどの皮膚から受けた心地よい刺激は脳の様々な部分へと伝わり、心身にとって良い結果が出ることも納得できます。

アロマオイルトリートメントをご希望の方は、大変 心身共にお疲れになられています。そしてセラピストはお疲れのお身体に対して、皮膚に触れることで疲労回復していただけるよう施術しております。

皮膚からの心地よい刺激の信号が脳に伝わって 自律神経のバランスが徐々に整い、自律神経が整うことによって、免疫力がアップしたり、血流のめぐりが良くなったり、呼吸が安定したり・・など、身体の自然治癒力が高まります。

また、皮膚の心地よい刺激によりオキシトシンというホルモンも分泌が促進されます。オキシトシンは別名「幸せホルモン」「愛情ホルモン」といわれています。オキシトシンが出ると幸福感やリラックス感が得られ、信頼感や愛しむ心が生まれます。

皮膚からの心地よい刺激は、身体も心も整えてくれるのです。

そして、身体も心も整えば、また 皮膚に戻ってきます。

体調も、気分も良い時って、なんとなく化粧のノリも良くて、顔色もいいですよね。

当サロンのアロマオイルトリートメントは、「心身ともに、リフレッシュして頂きたい」という想いからメニューにさせていただいております。

昨今は世代格差が顕著に表れ、お互い何かと合わせていくのに ストレスを感じたり、IT化のスピードについていくのにもストレスを感じたり・・と、常にストレスは付きまといます。

ストレスは自律神経を乱れさせ、自律神経が乱れると全身の臓器や筋肉などの活動に、または心にも影響を与えていきます。

疲れが取れない、眠りが浅いなどがありましたら、まずは リフレッシュ、ストレス解消をしてくださいね。

その一つの方法として「アロマオイルトリートメント」を受けてみてはいかがですか?

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。