花粉症の季節 あなたは準備できてますか?

さてさて、2月ともなると早い方は花粉症の症状が出てくることと思います。

わたくしは、目の方に影響が出てくるので花粉症の時期はかゆくてたまりません・・。

鼻に影響が出てくる方は、見ていてもとてもつらそうです。
鼻と目に影響が出てくる方は本当に気の毒です。

本日は花粉症対策として食材・アロマの精油・ストレッチからのアプローチをご紹介したいと思います。

こんにちは プライベートサロン「はは猫のハムストリングス」
セラピストのミヨです。

花粉症対策

花粉症とは・・

花粉症=国民病と言われるほど、多くの方が罹患され、悩まされていると思います。

日本気象協会のホームページをのぞいてみると、2020年の春の花粉飛散予測は、九州から関東甲信越までは例年より少ない見込みで、東北は例年並み、北海道はやや多い予想だそうです。

「わ~、今年は少ないねんて~、やったー」って思ってても、結局は苦しい時期を過ごすことに変わりはないですよね。
わたくしの子供が、花粉症だったので、よくわかります・・。

せめて、症状を悪化させないような生活を心がけなければなりませんね。

天気予報などで花粉の飛散情報をチェックしましょう

出来ることなら、花粉の飛散の少ない日や時間帯を選んで行動したいものです。
花粉は、晴れて気温の高い日や雨上がりの翌日、空気が乾燥して風が強い日などに多く飛散します。
また、1日の花粉の飛散サイクルは2回あり、スギ花粉は朝に飛び始め、我々のもとに到着するのが、お昼過ぎの13時~15時頃がピーク、次のピークが日没後の温度差による大気の対流が起こり、18時~19時までと2度のピークがあるそうです。

花粉のばく露から身を守る方法

これは今更 申し上げることではございませんが、
・マスク ・メガネ ・服装 ・手洗い、洗顔 ・室内の掃除 等々・・

環境省が99%花粉をカットできるインナーマスクを紹介しています。
ご参考までに・・

環境省のホームページより引用いたしました。

症状を悪化させないボディケア

症状が出始める前から対策をしましょう!

食材から

オメガ3脂肪酸が含まれているもの

アマニオイル・なたね油・青魚(DHAやEPA)・クルミ・大豆など
オメガ3脂肪酸は人の体内で作りことが出来ないので食事から摂取する必要があります。
抗炎症作用が注目されていて「アレルギー性結膜炎」に効果があるそうです。

βカロチンを含むもの

人参・かぼちゃ・ほうれん草など
βカロチンには皮膚や粘膜を正常に保つ働きや免疫を強化したり、体内を酸化から守る働きをします。

一日1個の梅干し

梅干しや梅に含まれるにおいの成分「バニリン」が細胞内にあるとアレルギー症状を抑えると和歌山県の大学の研究結果で分かったそうです。

※塩分の摂取量には気を付けましょう。

アロマテラピーから

花粉症にお勧めの精油はティートリー・ペパーミント・マヌカ・ユーカリです。
上記の精油2滴プラスお好みの精油1滴をブレンドして「蒸気吸入法」でお試しください。

蒸気吸入法は、かぜやのどの痛みなど呼吸器系の不調を緩和するのに効果的です。
洗面器などに熱めのお湯をはりそこへ3滴以下のエッセンシャルオイルを落とし蒸気が逃げないようにバスタオルなどを頭からかぶり吸入します
(湯気が立たなくなったらエッセンシャルオイルではなくお湯を足してくださいね)
※5分以上の吸入は避けましょう
※精油成分が刺激を与える可能性がございますので目は閉じておいてください
※せきがひどい時やぜんそくの方は悪化させる可能性がございますので避けてください また敏感肌の方は濃度を低めからはじめてみてください

ストレッチから(鼻詰まりに対応)

花粉症になると鼻呼吸できないストレスや、口呼吸で呼吸が浅くなるので、苦しくて背中が丸くなり前かがみの姿勢になりがちです。
前かがみの姿勢は肺を圧迫するので、血流も悪くなります。自然治癒力をアップさせるためにも正しい姿勢を意識しましょう。

血流は頭の先から足の先までグルグルと巡っています。まずは血液を押し上げるポンプ機能でもある足からほぐしていきましょう。

①太ももの裏を緩ませるストレッチ

太ももの裏側はとても負担がかかる部分なので、疲労しやすく硬くなりやすいです。
硬くなってませんか?ここをしっかりとほぐして、血行を改善しましょう。

簡単な寝ながらストレッチ


1. 手脚を伸ばして仰向けに寝る。
2. 右脚の膝を両手で抱え 胸に近づけるイメージで 息をゆっくりと吸いながら より胸へ引き寄せる。
3. 胸に引き寄せたら 吸気の頂点までキープ。
4. 吸気の頂点まで来たら フゥーと息を吐き出すのと同時に両手を緩め、ゆっくりと1の状態に戻る。(左脚も同じ)
※左右交互に1回づつを1セットとして3~5セットを目安に取り組んでみてください。ポイント
・脚を胸に引き寄せるときに、反対側のお尻や脚が浮かないように気を付けましょう。
・筋肉を緩ませるには呼吸が大切です。

②足の裏の第1趾と第2趾間の硬い部分をもみほぐす

次は、くしゃみや鼻水をすする、咳をすることで前かがみ気味の姿勢を楽にします。
③寝ながら腕を上げて外旋させる

1.手脚を伸ばして仰向けで寝る(脚は肩幅ぐらいに開いてください)
2.腕を水平より少し上へ向ける
3.息を吸うのと同時に腕(手のひら)を外側に回す
4.息を吸い切り、フゥーと息を吐きだすのと同時に腕の力を抜く
※3呼吸ほど間に休みを入れて、3回取り組んでみてください。(効果を出すには、呼吸は大切です)
※腕が痛くて上へ向けられない方はご遠慮ください。

④手三里のツボを確認
前かがみ姿勢の時は「手三里(てさんり)」のツボが硬くなりやすくなっています。肩の動きをしなやかにするツボでもありますので確認してみてください。

ここに触れて硬いものがあったり、痛かったり、張っているような違和感があったら、手三里のツボを指で、1分ほど優しくじんわりと押圧します。(強く押さないでくださいね)そのうち、なんとなく押圧している感覚が違ってきてくると思いますので、ゆっくりと指を離してください。違和感がなくなっていたらOKです。

花粉症対策について いくつかご紹介させていただきました。
どれも花粉症が治るわけではありません。しかし花粉症の時期に辛くて何も手につかなくなるよりも、症状を軽減することで体力や免疫力を毎年少しずつでもアップしていきましょう。それが将来の治癒につながるかもしれませんね!

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。