どのアロマオイルで癒されたいですか?柑橘系の精油

前回のブログでは エッセンシャルオイルとキャリアオイルの違いをご紹介させていただきました

今回は 様々なオイルの作用を ご紹介させていただき 皆さまに ご興味を お持ちいただけたら・・・と思います

では エッセンシャルオイル(精油)を わたくしの学んだ知識の範囲でご紹介いたします

こんにちは プライベートサロン「はは猫のハムストリングス」セラピストの
ミヨです

柑橘系のエッセンシャルオイルのご紹介

レモン

・殺菌や消毒の効果が高いです

・室内を浄化します(芳香剤などで 見かけますね)

・感染症からの予防効果

・集中力を高めます

・気分をリフレッシュさせます
(精神疲労からくる頭痛や身体の不調を癒します)

・注意点・・光毒性があります

※光毒性については前回のブログをご参照ください。

エッセンシャルオイルとキャリアオイル

オレンジスイート

スイートという名のとおり 甘い香りがいたします

・作用が穏やかで 安全性が高く お子様にもご使用できます

・気持ちを明るくさせます

・神経性の胃痛や消化不良による下痢、便秘にもいいです

・食欲を促す作用もございますので ダイエット中の方はご注意を・・・

・こちらもレモンと同じ柑橘系ですが 光毒性はありません

(でも安心は禁物! 肌に塗る時は キャリアオイルなどで しっかりと薄めて使用してくださいね!)

グレープフルーツ

・むくみ、セルライトの改善を促します

・脂肪を燃焼する作用、食欲を抑える作用があります
(ダイエット中の方には朗報)

・光毒性がございますので 日中は肌に湿布せず ハンカチに含ませたりして香りだけ お楽しみになるといいですね

ベルガモット

心因性の症状・・・

ストレスによる お身体の様々な不調に効果が見受けられるとのこと

こちらも 柑橘系で光毒性がございますので 日中の肌への湿布は避け お仕事終わり オイルポットなどで お部屋を ベルガモットの香りでいっぱいにして お疲れの心をリフレッシュしていただくのもいいですね

・抗菌作用もございますので 冬の季節 インフルエンザなどの感染症予防にも効果を発揮するそうですよ・・・

ネロリ

・先ほど ご紹介させていただいた レモン、オレンジスイート・グレープフルーツ・ベルガモットは 精油を果実の皮から抽出しておりますが こちらのネロリは同じ柑橘系でも 花から抽出されています

なので 光毒性はありません

・橙(だいだい 別名ビターオレンジ お正月の鏡餅の上に乗せるみかんです)の花から抽出されるのが ネロリという精油です

・スキンケア(加齢による肌の引き締め、肌の保湿)効果

(コスメ商品として知られる「オレンジフラワーウォーター」は ネロリの精油の抽出過程で得られる水です ネロリ水ともいいます 精油よりも安価ですよ)

・ストレスや緊張によって起こる 不安な気分、ぐっすり眠れない、抑うつ気分などの症状に効果が見受けられるそうです

・だいだい(ビターオレンジ)の花 1kgから 約 1gグラムのネロリが得られるので 精油は1mlで5000円~6000円ほどする とても高価なものです

今回は 柑橘系のエッセンシャルオイルの作用を一部 ご紹介させていただきました

柑橘系は心に働きかけるものが 多いですね

アロマテラピーで 一日の心の疲れを癒すのも ストレス解消のひとつですね・・・

次回は ハーブ系のエッセンシャルオイルの作用を ご紹介させていただこうと思います

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。